自分の歯のように噛みたい -インプラント-

インプラント治療

インプラント治療は、失った歯を補うための治療の一つです。歯を失った部分のあごの骨にチタン製のインプラント(人工歯根)を埋入し、その上から人工歯を被せて歯の機能と見た目を取り戻します。インプラントはあごの骨としっかり結合するため、食べ物をしっかり噛むことができ、セラミック製の人工歯を使用するため見た目が自然です。

しかし、きちんとケアをしないとインプラントを埋め込んでいる周囲の組織に炎症が起こり(インプラント周囲炎)、インプラントが抜け落ちてしまうことも。インプラントを長持ちさせるためには毎日の歯みがきと定期検診が重要なのです。

インプラント・入れ歯・ブリッジの比較

失った歯を補うための治療は、インプラントの他に入れ歯とブリッジがあります。インプラントは、自費治療であるため他の治療方法と比べて高額になりますが、自然な見た目と噛み心地が手に入ります。

 

インプラント

インプラント

入れ歯

入れ歯

ブリッジ

ブリッジ

メリット
  • 本物の歯と同等の噛み心地が得られる
  • 本物の歯と同等の見た目が得られる
  • 周囲の歯にダメージを与えることがない
  • あごの骨がやせにくい
  • 費用が比較的安い
  • 治療期間が短い
  • 保険適用の入れ歯は修理しやすい
  • 費用が比較的安い
  • 治療期間が短い
  • 比較的違和感が少ない
デメリット
  • 手術を行う必要がある
  • 費用が高い
  • 治療期間が長い
  • 入れ歯を固定するために周囲の歯にダメージを与えてしまうことがある
  • 違和感が出やすい
  • ズレたり、痛んだりすることがある
  • 見た目がよくない場合がある
  • 隣り合う健康な歯を削らなくてはならない
  • 噛むときに隣り合う歯に負担をかけてしまう

当院では、患者さんのお口の状態やご希望などに合わせて最適なご提案をしていますので、お気軽にご相談ください。

インプラントのよくあるQ&A

インプラントはどのように治療するのですか?

まずはしっかり検査を行ってインプラント治療ができるかどうかを診断します。その後、患者さんに現状と治療の進め方をご説明したうえでインプラントを埋め込む手術を行います。手術を受けて、早ければ2ヶ月ほどで人工歯を装着。その後は、定期的に検診にお越しいただきメインテナンスを行います。

手術時に痛みはありますか?

手術中は麻酔をかけますので、痛みを感じることはありません。ご安心ください。

インプラントはどのくらい持ちますか?

インプラントの残存率は10年で96%以上と言われており、長持ちするのが特徴です。しかし、インプラントは人工物のため虫歯になりませんが、インプラントを埋め込んでいる周囲の組織に炎症が起こるインプラント周囲炎になるリスクがあります。インプラントを長期間にわたってお使いいただくためには、歯科医院でのメインテナンスが必須です。定期的に検診を受けて健康状態や噛み合わせの状態などをチェックしてもらいましょう。

だれでもインプラントは受けられますか?

心臓病や糖尿病などの持病をお持ちの方や妊娠中の方は受けられない場合があります。全身疾患をお持ちの方や妊娠中の方はまずはご相談ください。

インプラントなら何を噛んでも大丈夫ですか?

自分の歯と同じようにお使いいただけますので、何を噛んでも大丈夫です。

治療期間はどのくらいですか?

4ヶ月から1年くらいかかりますが、治療の状況などによって個人差がありますので、くわしくはご来院のうえご相談ください。

インプラントは体に害はありませんか?

インプラントの素材であるチタン合金は、人体にやさしい安全な素材です。チタンアレルギーの心配はほとんどありませんが、心配な方は一度ご相談ください。

先生からの一言

患者さんのご希望や口腔内の状態、ご予算に応じて、適切な治療方法をご提案しています。インプラントが怖い方には、入れ歯、ブリッジという選択肢もありますのでまずはお気軽にご相談ください。